光回線のIPv6

So-net光プラスでIpv6に繋ぐ設定方法|Ipv4との違いとは?

利用すると通信速度の速さと安定性が高くなるSo-net光プラスのIPv6。

So-net光プラスではIPv6の設定を簡単にできるうえに、利用料金もかかりません。

申し込みが必須で、対応の無線LANルーターを用意する必要があります。とはいえ、申し込み窓口によっては、一定期間は無料でルーターをレンタルできます。

この記事では、So-net光プラスでIPv6に繋ぐ方法を詳しく解説します。

IPv4との違いも説明するので、参考にしてくださいね。

» 公式サイトで詳しく見る

So-net光プラスの評判については『So-net光プラスの評判は?光回線を選ぶならSo-net光プラスがおすすめな人・他社回線がおすすめな人を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

気になる箇所をタップ
  1. So-net光プラスでIPv6につなぐ設定方法
    1. IPv6はどの窓口で契約しても利用可能|おすすめ窓口あり
    2. So-net光のIPv6を利用対応ルーターが必須
    3. So-net光プラスでIPv6を使うには申し込みが必要
    4. 設定方法はONUに対応ルーターを繋ぐだけ
    5. PCで IPv6を利用する場合は別途設定が必要
    6. ひかり電話に加入する場合は二重ルーターにならないように注意しよう
    7. 設定方法がわからない場合はサポートに頼ろう
  2. So-net光プラスのIPv6につながるルーターを用意しよう!
    1. IPv6対応ルーターを用意する方法は2種類
    2. 公式サイトでSo-net光プラスを申し込めばIPv6対応ルーターが永年無料
  3. So-net光プラスでIPv6に繋がっているかの確認方法
    1. IPv6接続確認サイトを利用する
    2. パソコン利用時は設定画面から確認可能
  4. So-net光プラスのIPv6とIPv4の違いとは?
    1. IPoE通信の利用可否
    2. 設定方法の簡単さ
    3. 使用できる機能
    4. 発行できるIPアドレスの上限個数
  5. So-net光プラスでIPv6を設定するメリット
    1. 通信速度の速さと安定性の向上
    2. 設定が簡単にできる
  6. So-net光プラスでIPv6を使っても通信速度が遅くなるときの原因と対処法
    1. 利用しているルーターがIPv6に対応していない|対応ルーターを使う
    2. ルーターのIPv6パススルー機能が無効|IPv6パススルーを有効にする
    3. 無線LANルーターのスペックが低い|スペックが高い無線LANルーターを利用
    4. LANケーブルやルーターの性能不足・故障|高性能なLANケーブルやルーターを利用
    5. 使用しているWi-Fiの周波数帯が2.4GHz|5GHzのWi-Fiを利用
    6. 周辺機器やデバイス側の不具合|周辺機器やデバイスを再起動させてみる
    7. So-net光プラスの通信障害|公式サイトで障害情報を確認
  7. So-net光プラスでIPv6オプションを活用しよう!

So-net光プラスでIPv6につなぐ設定方法

So-net光プラスでIPv6につなぐ設定方法IPv6対応のルーターを用意しよう!

So-net光プラスでIPv6を設定する方法は難しくありませんが、申し込みと対応ルーターの用意が必要です。

申し込みと対応ルーターの用意ができれば、基本的に簡単な設定でIPv6を利用できるようになります。

パソコンでIPv6を利用する場合は、少し設定作業が必要なので注意してください。

So-net光プラスでIPv6に繋ぐための設定方法を、詳しく解説していきます。

IPv6はどの窓口で契約しても利用可能|おすすめ窓口あり

So-net光プラスでは、利用するプロバイダがIPv6対応のSo-netに固定されています。

So-net光プラスはどの窓口から申し込んでもプロバイダは変わらず、IPv6を利用でるというわけです。

しかし、どの窓口でSo-net光プラスを申し込んでいいわけではなく、窓口ごとにお得さが異なります。

特にIPv6をお得に利用できる申し込めるのは、So-net公式サイトがおすすめです。

NEXTのWeb窓口からSo-net光プラスを申し込めば、下記の特典を受けることができます。

  • IPv6対応ルーターレンタル永年無料

他にもキャッシュバックがもらえるWeb窓口はありますが、不要なオプション加入が必須なところが多いので、要注意です。

So-net光のIPv6を利用対応ルーターが必須

So-net光のIPv6を利用するには、IPv6対応の無線LANルーターを使わなければいけません。

すべての無線LANルーターがIPv6に対応しているわけではなく、今持っているルーターが非対応の可能性があるので注意してください。

なお、NECとBuffalo、IO-DATAは公式サイトでIPv6対応ルーターを記載しています。一度参考にしてみるといいでしょう。

メーカーIPv6対応ルーター機種確認ページ
NEChttps://www.aterm.jp/product/atermstation/topics/warpstar/ipv6.html
Buffalohttps://www.buffalo.jp/support/other/network-ipv6.html
IO-DATAhttps://www.iodata.jp/pio/io/network/ipv6.htm

So-net光プラスでIPv6を使うには申し込みが必要

So-net光プラスでIPv6を利用する場合、申し込みが必要です。

So-net光プラスを契約しただけではIPv6を利用できないので、注意してください。

なお、IPv6の利用料金は無料です。

これからSo-net光プラスを契約する人は、申し込むときにIPv6を使用したい旨を伝えてください。

すでにSo-net光プラスを契約している場合、下記の手順での申し込みが必要です。

  1. So-net公式サイトのv6プラス申し込みページ」へアクセス
  2. ページ下部の『So-netの接続サービスをご利用中のお客さま』の項目にある『お申し込み』を選択
  3. IDとパスワードを入力してログイン
  4. 表示された画面の指示に従って手続きをする
  5. 手続き完了後、1〜2日以内に送信されるv6プラス開通の連絡メールを確認

設定方法はONUに対応ルーターを繋ぐだけ

申し込みができたあとのSo-net光プラスのIPv6の設定方法は単純明快で、自宅に設置されているONU(回線終端装置)に対応の無線LANルーターを繋ぐだけです。

対応ルーターをONUに接続したあとに、細かな設定作業をする必要は基本的にありません。

もし、対応ルーターを設置してからIPv6に接続できていないと感じた場合、あとでご紹介するルーターのIPv6パススルー機能が有効になっているかを確認してみてください(IPv6パススルーは、初期状態で有効になっている場合が多いです)。

PCで IPv6を利用する場合は別途設定が必要

パソコン(以下、PC)でSo-net光プラスのIPv6を利用する場合、対応ルーターをONUに繋げたあとに別途設定作業をする必要があります。

設定作業の手順は、WindowsとMacで異なります。

Windows PCでの設定方法

WindowsのPCを使用している場合、下記の手順でIPv6の設定を行ってください。

  1. Windowsの設定画面を開く
  2. ネットワークとインターネット』を選択
  3. 状態』を選択
  4. ネットワークと共有センター』を選択
  5. アダプターの設定の変更』を選択
  6. 次の画面で使用しているネットワークのアイコンを右クリック
  7. プロパティ』を選択
  8. インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)』を選択してチェックを入れる
  9. OK』を選択

MacのPCでの設定方法

MacのPCを使用している場合、下記の手順でIPv6の設定を行いましょう。

  1. 設定アプリを起動
  2. ネットワーク』を選択
  3. 詳細』を選択
  4. TCP/IP』のタブを開く
  5. IPv6の設定』の項目で『自動』を選択
  6. OK』を選択

ひかり電話に加入する場合は二重ルーターにならないように注意しよう

ひかり電話に加入する場合、So-net光プラスの工事の際にONUではなくホームゲートウェイが設置されます。

ホームゲートウェイとはONUが行う光信号の変換に加えて、ひかり電話ルーターとブロードバンドルーターの役割をする機器です。

ホームゲートウェイにIPv6対応ルーターを繋ぐと二重ルーターの状態になり、通信不良を招いてしまいます。

ですので、ひかり電話に加入する場合、無線LANルーターがアクセスポイントの役割だけする設定をしなければいけません。

アクセスポイントになる設定にしておけば、無線LANルーターはWi-Fiを発信する役割だけするので、二重ルーターの状態を回避できます。

アクセスポイントにする設定方法は簡単ですが、ルーターのメーカーごとに異なります。

NEC製ルーターでの設定手順
  1. ルーター本体にあるツマミを『BR』に合わせる
Buffalo製ルーターでの設定手順
  1. ルーター本体に2つあるツマミのうち一つを『MANUAL』に合わせる
  2. もう一方のツマミを『AP』または『BRIDGE』に合わせる

製品によっては②の作業を行うだけで済む場合もあります。

IO-DATA製ルーターでの設定手順
  1. ルーター本体にあるツマミを『ルーター』に合わせる
  2. ルーターに接続しているデバイスのブラウザで設定画面(http://192.168.0.1)にアクセス
  3. メニュー画面で『インターネット』を選択
  4. APモード』にチェックを入れる
  5. 設定』を選択
TP-LINK製ルーターでの設定手順
  1. ルーターに接続しているデバイスのブラウザで設定画面(http://tplinkwifi.net)にアクセス
  2. 表示される画面でパスワードを入力してログイン
  3. ホーム画面で『詳細設定』のタブを選択
  4. 動作モード』を選択
  5. ブリッジモード』を選択
  6. 設定』を選択

設定方法がわからない場合はサポートに頼ろう

どうしてもIPv6の設定方法がわからない場合は、So-net光プラスのサポートサービスを活用してみてください。

So-net光プラスでは、月額300円の『So-net安心サポート』を3ヶ月間無料で使用できます。

So-net安心サポートでは、インターネットやパソコンの設定がわからないときに、専門ダイヤルに連絡すると電話やリモートでサポートしてもらえます。

サポートを受けると別途1件につき1,200円の料金がかかりますが、1件目は無料で利用できます。IPv6の設定がわからないときは、So-net安心サポートを活用してみるといいでしょう。

ちなみにSo-net安心サポートに加入すると、60分9,800円で訪問サポートも利用できます(未加入の場合は60分11,800円)。

So-net光プラスのIPv6につながるルーターを用意しよう!

So-net光プラスのIPv6につながるルーターを用意しよう!公式サイトかから申し込めば高性能ルーターが無料でレンタルできる!

先ほどご説明しましたが、So-net光プラスでIPv6を利用するには、対応の無線LANルーターが必要です。

IPv6対応の無線LANルーターは、購入はレンタルのどちらかの方法で入手できます。

レンタルすると毎月利用料金がかかりますが、優良Web窓口でSo-net光プラスを申し込めば、一定期間は無料になります。

IPv6対応ルーターを用意する方法は2種類

So-net光プラスでIPv6を利用する場合、IPv6対応ルーターは以下のどちらかの方法で手に入れることになります。

  • 家電量販店がオンライン通販で購入する
  • So-net光プラスで有料レンタルを利用する

家電量販店でIPv6対応ルーターを購入する場合、費用は機種ごとに異なります。

スタンダードなスペックのものだと5,000円から10,000円、よりハイスペックな機種だと10,000円以上です。

So-net光プラスからレンタルする場合、月額400円です。

公式サイトでSo-net光プラスを申し込めばIPv6対応ルーターが永年無料

So-net光プラスからIPv6対応ルーターをレンタルする場合、本来毎月400円の料金がかかります。

しかし、現在ではIPv6対応ルーターのレンタルが永年無料というキャンペーンを行っています。

永年無料ということは、もうタダでもらったようなもの。

IPv6を利用したくて光回線を利用するなら代理店ではなく公式サイトから申込みましょう!

So-net光プラスでIPv6に繋がっているかの確認方法

So-net光プラスでIPv6に繋がっているかの確認方法簡単にチェックが可能!

So-net光プラスを契約してからIPv6の設定をしても、目に見える形でIPv6を利用できているかはわからないものです。

しかし、下記の方法を試すと、今IPv6を利用している状態なのかを確認できます。

  • IPv6接続確認サイトを利用する
  • PCで利用している場合は設定画面で確認する

詳しく上記の確認方法をご紹介します。

IPv6接続確認サイトを利用する

一番おすすめなのは、IPv6接続確認サイトを利用する方法です。IPv6接続確認サイトでは、アクセスするか判定ボタンなどを押して、今IPv6に繋がっている状態なのかを確認できます。

主なIPv6接続確認サイトを、下記の表にまとめましたので活用してください。

サイトURL
あなたのIPv6をテストしましょうサイトでチェック
GMOとくとくBBサイトでチェック
OCN接続環境確認サイトでチェック
So-net IPv6通信速度測定サイトでチェック
オープンサーキット接続チェックページサイトでチェック

パソコン利用時は設定画面から確認可能

PCでインターネットを利用している場合、設定画面での確認も必要です。

PCでは本体での設定をしておかないと、IPv6を利用できないからです。

スマホやタブレットでIPv6接続確認サイトを活用して問題なかったとしても、PCの設定は確認しておきましょう。

PCでの設定画面を使った確認方法は、Windowsと Macで異なります。

Windowsを利用している場合

Windowsのパソコンを利用している場合、以下の手順を行えばSo-net光プラスのIPv6を利用できているかか確認できます。

  1. 画面左下のWindowsマークを右クリック
  2. 設定』をクリック
  3. ネットワーク接続』をクリック
  4. アダプターのオプションを変更する』をクリック
  5. 有効になっているネットワーク名を右クリック
  6. 状態』をクリック

以上の手順を行って『IPv6接続』の項目で『インターネット』と表示されていれば、So-net光プラスのIPv6での接続ができています。

IPv6接続』の項目で『ネットワークアクセスなし』と表示されている場合、IPv6の利用ができていない状態になります。

Macを利用している場合

Macのパソコンを使っている場合、下記の方法でSo-net光プラスのIPv6を利用しているかを確認できます。

  1. アップルメニューをクリック
  2. システム環境設定』をクリック
  3. ネットワーク』をクリック
  4. 有効になっているネットワークをクリック

上記の手順を行って画面上にIPv6のアドレスが表示された場合、IPv6での通信ができています。

画面上にIPv6のアドレスが表示されない場合、IPv6での通信はできていない状態と認識してください。

So-net光プラスのIPv6とIPv4の違いとは?

So-net光プラスのIPv6とIPv4の違いとは?IPv6は新しい規格なので通信速度が安定になる!

So-net光プラスのIPv6とIPv4には、以下4つの違いがあります。

  • IPoE通信を利用可否
  • 設定方法の簡単さ
  • 使用できる機能
  • 発行できるIPアドレスの上限個数

影響が顕著に現れる違いは、IPoEの利用可否と設定方法の簡単さです。

IPoE通信の利用可否

IPv6はIPoE通信に対応しており、常に高速でインターネット通信ができます。IPoE通信とは、プロバイダを介さずにインターネットへ接続する方式です。

光回線の速度低下が起きる原因は、利用者の増加によって起きるプロバイダの混雑です。

IPv4ではIPoE通信が利用できず、必ずプロバイダを経由するため、夜に速度が低下することは珍しくありません。

IPv6のIPoE方式では混雑が生じるプロバイダを経由しないので、いつでも速度が安定する状態を続けられます。

設定方法の簡単さ

So-net光プラスのIPv6は設定方法が簡単で、ONUに対応ルーターを繋ぐだけで利用できるできるようになります。

IPv4ではデバイス側で設定ツールを起動してから、プロバイダが発行したユーザーIDやパスワードを入力するといった作業をしなければいけません。

PCやスマホの操作に自信がないと、IPv4の設定作業を理解するのは一苦労します。

So-net光プラスのIPv6は、インターネットを使う敷居を低くする接続方式だと言えます。

使用できる機能

So-net光のIPv6にもデメリットはあり、IPv4が利用できた下記の機能に対応できません。

  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • 一部のオンラインゲームでのポート開放やIPアドレスの共有
  • 特定のプロトコルの利用
  • 外部に向けてのサーバー公開

固定IPに対応していないIPv6では、サーバー公開や一部のオンラインゲームのプレイ、ネットワークカメラの利用ができません。

上記の機能を利用したいのであれば、別途IPv4対応プロバイダを契約する必要があります。

発行できるIPアドレスの上限個数

ユーザーが気にする要素ではありませんが、IPv6とIPv4とでは発行できるIPアドレスの上限が違います。

IPv6とIPv4のIPアドレスの発行可能個数を表にまとめてみました。

接続方式IPアドレスの個数
IPv6約340澗個
IPv4約43億個

IPv6はもともとIPv4でのIPアドレス不足を解消するため、普及されるようになったプロトコルです。

今はIPv6の普及が進み、IPアドレスの不足問題は解消できるとされています。

So-net光プラスでIPv6を設定するメリット

So-net光プラスでIPv6を設定するメリットIPv6対応で通信速度の安定さがアップ!

これまでご説明した内容を踏まえると、IPv6を使うメリットは下記の2つになります。

  • 通信速度の速さと安定性の向上
  • 設定が簡単にできる

IPv6は回線品質を確保しているうえに、インターネットの敷居を下げた接続方式と言えます。

So-net光のIPv6を利用するメリットを詳しく解説します。

通信速度の速さと安定性の向上

So-net光のIPv6を利用する大きなメリットは、通信速度の速さと安定性の向上です。

So-net光のIPv6ではIPoE方式の通信ができるので、利用者が多い夜でも通信速度が速い状態でインターネットができます。

口コミでの評判も良く、So-net光プラスでIPv6を使用している人からは快適との声が挙がっています。

So-net光プラスのIPv6では常に高速通信ができるので、IPv4しか利用できないプロバイダから乗り換える人はよく見かけます。

設定が簡単にできる

So-net光プラスのIPv6の設定方法はいたって簡単で、ONUに対応ルーターを繋げるだけです。

他の細かな設定作業は必要なく、これからSo-net光プラスを契約する場合でも、同様の設定方法でインターネットが使えるようになります。

以前まで主流だったIPv4では、スマホやパソコンを使ってユーザーIDやパスワードの入力といった設定作業も必要でした。

IPv4との設定方法の違いを考えると、So-net光プラスのIPv6はよりインターネットに手を出しやすくした接続方式と言えるでしょう。

So-net光プラスでIPv6を使っても通信速度が遅くなるときの原因と対処法

So-net光プラスでIPv6を使っても通信速度が遅くなるときの原因と対処法故障かな?と思ったら要チェック!

So-net光プラスをIPv6を使っているのに通信速度が遅い、途切れると感じたときは、いろいろな原因が考えられます。

さまざまな原因と、原因ごとの対処法を表にまとめてみました。

原因対処法
利用しているルーターがIPv6に対応していないIPv6対応ルーターを利用する
ルーターのIPv6パススルー機能が無効になっているルーターのIPv6パススルー機能を有効にする
無線LANルーターのスペックが低いスペックが高い無線LANルーターを利用する
LANケーブルやルーターのLANポートの性能不足、または断線などの故障高性能なLANケーブルやルーターを利用する
使用しているWi-Fiの周波数帯が2.4GHz5GHzのWi-Fiを利用する
周辺機器やデバイス側の不具合周辺機器やデバイスを再起動させてみる
So-net光プラスの通信障害公式サイトで障害情報を確認したうえで復旧を待つ

上記の表をもとに、より詳しく原因と対処法を解説していきます。

利用しているルーターがIPv6に対応していない|対応ルーターを使う

最初にご説明しましたが、So-net光プラスでIPv6を使うには、IPv6に対応している無線LANルーターを使わなければいけません。

So-net光プラスを契約する前から使っていたルーターを流用している場合、そのルーターがIPv6に対応していないかもしれません

古い無線LANルーターには、IPv6非対応モデルが多いからです。

昔から自宅に設置しているルーターをSo-net光プラスで利用している場合、IPv6に対応しているのかチェックしてみてください。

ルーターのIPv6パススルー機能が無効|IPv6パススルーを有効にする

IPv6対応の無線LANルーターを使っていても、IPv6パススルー機能が無効になっていて効果が目に見えないパターンも考えられます。

IPv6パススルー機能は工場出荷状態で有効になっていることが多いものですが、無効になっている場合もあり得ます。

ですので、So-net光プラスのIPv6接続の速度が遅いと感じたら、ルーターのIPv6パススルー機能が有効になっているのかチェックしてみましょう。

NEC製ルーターでの設定方法
  1. デバイス側のブラウザを起動する
  2. ブラウザのアドレスバーに『http://aterm.me』と入力して『クイック設定Web』を起動
  3. 認証画面のユーザー名に『admin』、パスワードにパスワードを入力してログイン
  4. トップページの画面左側で『基本設定』を選択
  5. さらに表示される画面左側のメニューから『基本設定』を選択
  6. IPv6ブリッジ』の項目で『使用する』にチェックを入れる
  7. 設定』を選択
Buffalo製ルーターでの設定方法
  1. 無線LANルーターに接続しているデバイスのブラウザで設定画面(http:192.168.11.1)を開く
  2. 詳細設定』を選択
  3. 画面左側にある『セキュリティ』を選択
  4. 画面左側で『(VPN)パススルー
  5. フレッツIPv6サービス対応機能』の項目にある『使用する』にチェックが入れる
  6. 設定』を選択
IO-DATA製ルーターでの設定方法
  1. ルーターに接続しているデバイスのブラウザで設定画面(http://192.168.0.1)にアクセスする
  2. メニュー画面で『インターネット』を選択
  3. インターネット』を選択
  4. IPv6パススルー』の項目にある『有効』にチェックを入れる
  5. 設定』を選択
TP-LINK製ルーターでの設定方法
  1. ルーターに接続しているデバイスのブラウザで設定画面(http://tplinkwifi.net)にアクセス
  2. 表示される画面でパスワードを入力してログイン
  3. ホーム画面で『詳細設定』のタブを選択
  4. IPv6』を選択
  5. IPv6を有効にする
  6. 接続タイプ』の項目で『パススルー(ブリッジ)』を選択
  7. 保存』を選択

無線LANルーターのスペックが低い|スペックが高い無線LANルーターを利用

利用している無線LANルーターの性能も、So-net光プラスのIPv6の通信速度を左右する要因の1つです。

無線LANルーターの性能が製品ごとに異なり、これが通信速度の結果に繋がるからです。

無線LANルーターの性能や、性能による通信速度は、どの無線LAN規格に対応しているかが決め手になります。2021年1月時点での主な無線LAN規格6つを、下記の表にまとめました。

無線LAN規格最大通信速度
IEEE802.11ac866Mbs以上
IEEE802.11n300Mbps
IEEE802.11a54Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11b11Mbps

So-net光プラスの最大通信速度は1Gbpsであることを考えると、IPv6の力を引き出すためにはIEEE802.11ac対応の無線LANルーターを使うのが理想的です。

IEEE802.11acに対応していない無線LANルーターを利用している場合、So-net光プラスのIPv6に接続しても期待しているほどの効果が見込めません。

LANケーブルやルーターの性能不足・故障|高性能なLANケーブルやルーターを利用

有線接続でSo-net光プラスのIPv6を利用している人は、最初に下記2つのポイントを確認してみましょう。

  • LANケーブルの差し込みが甘くないか
  • LANケーブルが故障(断線など)していないか

LANケーブルの差し込みが甘く、通信状態が安定しないパターンは意外とありがちです。

LANケーブルの差し込み状態に問題がない、または故障しているのであれば、より性能の高いLANケーブルの買い替えを考えてみてください。

LANケーブルはどれを選んでも同じではなく、下記6つのどの規格に対応しているかで性能が異なります。

規格最大通信速度伝送帯域
CAT8(カテゴリー8)40Gbps2000MHz
CAT7(カテゴリー7)10Gbps600MHz
CAT6A(カテゴリー6A)10Gbps500MHz
CAT6(カテゴリー6)1Gbps250MHz
CAT5e(カテゴリー5e)1Gbps100MHz
CAT5(カテゴリー5)100Mbps100MHz

So-net光プラスの最大通信速度は1Gbpsなので、少なくともCAT5eのLANケーブルを用意するのが望ましいです。

オンラインゲームをするために遅延を最大限少なくしたいのであれば、CAT6以上の高性能なLANケーブルも検討してみてください。

より通信速度が速く安定性能高いネット環境を作りたい人は、LANケーブルの形状にもこだわってみるといいでしょう。LANケーブルの形状も、通信速度の安定性に影響を及ぼすポイントです。

LANケーブルの形状3つのメリットとデメリットを表にまとめました。

LANケーブルの形状特徴
スタンダード(おすすめ)線が太く、ノイズの影響を受けにくく速度が安定しやすい
フラット線がフラットで収納しやすいが、ノイズを拾いやすく速度が不安定になるリスクがある
極細線が極めて細く収納はしやすいが、ノイズを拾いやすく速度が安定しない恐れがある

通信速度が安定するネット環境を作るのであれば、形状がスタンダードタイプのLANケーブルがおすすめになります。

スタンダードタイプはノイズの影響を受けにくく、通信速度の安定性が高いです。

フラットと極細タイプもウェブサイトや動画を見るなどの用途では問題ない品質ですが、家電からのノイズの影響を受けやすいデメリットがあります。

そのため、オンラインゲームをするために遅延を最小限にしたい場合は適していません。

使用しているWi-Fiの周波数帯が2.4GHz|5GHzのWi-Fiを利用

Wi-Fi接続でSo-net光プラスのIPv6を利用しているのであれば、周波数帯が原因の可能性があります。

Wi-Fiには下記2つの周波数帯があり、それぞれに異なるメリットとデメリットがあります。

周波数帯メリットデメリット
5GHz・家電が発する電磁波と干渉しない
・2.4GHzよりも通信速度が優れている
壁などの障害物があると届きにくい
2.4GHz・障害物があっても届きやすい
・5GHzと比べると通信速度が劣る
家電の電磁波と干渉する恐れがある

通信速度が不安定になりがちなのは、主に2.4GHzのWi-Fiを利用しているときです。

2.4GHzは家電の電磁波と干渉しやすく、テレビや電子レンジの近くで使用すると通信速度の低下が生じやすいです。

酷い場合だと、インターネットから切断されたかのような症状も起こり得ます。

ですので、Wi-Fi接続での通信速度が遅いと感じたら、5GHzへ切り替えてみてください。

5GHzは家電の電磁波と干渉しない周波数帯なので、2.4GHzよりも通信状態を安定させやすいです。

5GHzへの切り替え方法は簡単で、下記の表をもとにデバイスのWi-Fi設定で接続するSSIDを変更すればOKです。

パターンSSIDの数値対応周波数帯
パターン1
(TP-LINK製などの海外メーカーに多い)
末尾が2G2.4GHz
末尾が5G5GHz
パターン2
(NEC製、Buffalo製などの国内メーカーに多い)
数値の真ん中や末尾記載されている英文字が「G」2.4GHz
数値の真ん中や末尾記載されている英文字が「A」5GHz

もし2.4GHzしか使用できない無線LANルーターを利用しているのであれば、5GHz対応モデルへの買い替えを検討してみてください。

周辺機器やデバイス側の不具合|周辺機器やデバイスを再起動させてみる

意外と起こりやすいパターンは、周辺機器やデバイス側の不具合です。

インターネットを利用すると、周辺機器やデバイスにアクセスログが溜まります。

溜まったアクセスログが多くなると、周辺機器やデバイスへの負荷となり不具合が起きる原因となります。

周辺機器やデバイスの不具合には簡単に対処でき、再起動させるだけで問題ありません。

再起動するとアクセスログが全て消去され、周辺機器やデバイスの動作が正常になります。

So-net光プラスの通信障害|公式サイトで障害情報を確認

どの方法で対処しても問題を解決できないときは、So-net光プラスに通信障害が起きている可能性があります。

ですので、So-netの公式サイトにアクセスして、通信障害が起きているかチェックしてみてください。

So-net 障害・メンテナンス情報

So-net側で通信障害が起きている場合、復旧するのを待つしか手段はありません。

So-net光プラスでIPv6オプションを活用しよう!

この記事では、So-net光プラスのIPv6の設定方法を解説しました。

So-net光プラスでIPv6を利用する方法は簡単で、ONUに対応の無線LANルーターを繋ぐだけでOKです。

これからSo-net光プラスを契約する場合でも、同様の方法で設定できます。ただし、So-net光プラスでIPv6を使うには申し込みが必要なので、注意してください。

IPv6対応ルーターが必須な点にも気をつけましょう。

So-net光プラスでIPv6を利用すると、いつも通信速度が高速な状態を保てるようになります。利用料金は無料なので、快適なネット環境を作りたい人はIPv6の利用を検討してみるといいでしょう。