光回線の評判

So-net光プラスの評判は?光回線を選ぶならSo-net光プラスがおすすめな人・他社回線がおすすめな人を解説

通信速度やauとのセット割引の期待値が高いSo-net光プラス。

So-net光プラスは口コミでの評価が高く、機能性や料金面の評判が良好です。

サポート窓口の対応は賛否両論ですが、良心的で初期費用が安いサービスと言えます。

ただし、状況によっては他社を選んだほうがいいので、注意しなければいけません。

そこで、この記事ではSo-net光プラスの評判からサービス内容、どのような人におすすめなのかをまとめました。

他社と比較しながら解説するので、So-net光プラスが気になっている人は参考にしてくださいね。

\毎月の料金がお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

気になる箇所をタップ
  1. 申し込み前に知っておきたいSo-net光プラスの評判
    1. 良い評判1|通信速度が安定している
    2. 良い評判2|auスマートバリューがあるからauユーザーの満足度は高い
    3. 良い評判3|サポートの対応が丁寧
    4. 良くない評判1|サポート窓口の対応が良くないと感じた人もいる
    5. 良くない評判2|実質的な縛り期間が長い
  2. 本当にお得?So-net光プラスの料金プラン
    1. 基本料金は一般的な値段
    2. auユーザーならセット割が受けられる
    3. 主なオプションサービス
    4. 工事費などの初期費用
    5. 契約期間や違約金
  3. 実は持っている携帯キャリアごとに光回線のお得さ・おすすめできる回線は違う
    1. So-net光プラスはauユーザーにおすすめ
    2. ドコモ・ソフトバンクユーザーは他社回線を検討してみよう
    3. So-net光プラスと人気の他社光コラボは通信速度に大差がない
  4. So-net光プラスのメリット・デメリット!
    1. So-net光プラスのメリット6つ
    2. So-net光プラスのデメリット3つ
  5. So-net光プラスの速度が遅いと感じるときの考えられる原因と対処法
    1. 周辺機器の動作不良である可能性は高い
    2. Wi-Fiと他の電磁波との干渉
    3. LANケーブルの故障・性能不足
    4. 通信障害の可能性も
  6. So-net光プラスとフレッツ光の違いを比較
    1. 月額料金と仕組み
    2. セット割引の有無
    3. プロバイダが選べるか・v6プラス対応であるか
    4. 工事費費用
    5. 違約金・契約期間
  7. So-net光プラスの評判まとめ

申し込み前に知っておきたいSo-net光プラスの評判

申し込み前に知っておきたいSo-net光プラスの評判実際に利用した方からの声はさまざま

So-net光プランの良い評判と良くない評判をまとめてみたところ、通信速度や条件を満たした場合の料金面の評価が高い印象を受けました。

ただし、サポート窓口の対応は賛否が分かれていて、契約期間などの縛りが複雑なところが難点と言われています。

So-net光プラスにまつわる口コミを調査していると、以下3つの評判が良い印象を受けました。

  • 通信速度
  • セット割によるauユーザーからの評価
  • サポートの対応

口コミを調べていたところ、以下2項目の評判が良くない印象も感じました。

  • サポート窓口の対応
  • 実質的な縛り期間が長い

So-net光プラスの良い評判、良くないところを深掘りしていきます。

良い評判1|通信速度が安定している

So-net光プラスのもっとも評判が良いポイントは、通信速度の速さや安定性です。

最大通信速度が2GbpsのNURO光が契約できなくても、So-net光プラスであれば充分な速度が出るとの声も挙がっています。

So-net光の通信速度の評価が高い理由は、v6プラス対応である点です。

v6プラスとは次世代の接続方式で、混雑しにくい回線経路を利用できます。

v6プラスを利用すると、回線混雑が起きやすい夜でも通信速度が安定します。

V6プラスの魅力So-net光プラスも公式でv6プラス対応であることを公表しており、これによって通信速度の速さを求めている人から支持を得ています。

良い評判2|auスマートバリューがあるからauユーザーの満足度は高い

So-net光プラスはauスマートバリュー対応回線なので、auユーザーから高い支持を得ています。

auスマートバリューとは、auのスマホ代が安くなるセット割引きです。

auスマートバリュー対応回線は他にもあり、その回線の中でも代表的なものにauひかりがあります。

しかし、auひかりは提供エリアが限られていて、So-net光はauひかりが契約できない場合の選択肢になります。

\毎月の料金がお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

良い評判3|サポートの対応が丁寧

So-net光プラスの口コミを調べていると、サポート窓口の対応が良かったとの声も見受けられました。

他社のサポート窓口よりも対応が良かったとの口コミがあり、この声だけを見るとSo-net光プラスの印象は良いと感じます。

しかし、サポートの評判が良い口コミは少なく、一方で良くない口コミも見かけました。

良くない評判1|サポート窓口の対応が良くないと感じた人もいる

So-net光プラスのサポート対応が良いという口コミがある一方、対応が良くないとの口コミも少なからず存在していました。

特に多かったのが、電話窓口への繋がりにくさです。

So-net光プラス公式サイトのチャット窓口もあるにはあるのですが、頼りになるのは電話窓口です。

電話窓口への繋がりやすさは時間帯にもよりますが、繋がりにくいとの声が多く、一抹の不安は拭い切れません。

サポート窓口の対応そのものが良くないとの口コミも珍しくありませんでした。

サポート窓口の対応は時間帯や担当するオペレーターによって違うようで、そのときの運次第といった印象です。

良くない評判2|実質的な縛り期間が長い

So-net光プラスに対して、『実質的な縛り期間が長い』との不満を感じる人もいます。

So-net光プラスには、以下2つの縛りがあります。

  • 3年の契約期間
  • 工事費の48~60ヶ月の分割支払い

多くの他社は契約期間は2年にしており、3年は長い部類です。

さらに工事費の分割支払い期間が長いのもネックで、初回の更新月に解約して違約金を0円にしても、未払いの工事費を精算しなければいけません。

そのため、So-net光プラスの契約は、4~6年以上の長期利用を見据えたうえで行う必要があります。

本当にお得?So-net光プラスの料金プラン

本当にお得?So-net光プラスの料金プラン工事費は実質無料だからお得!

So-net光プラスは基本料金こそ普通ですが、キャンペーン割引などを適用できれば他社より低いコストで利用できます。

新規で契約する場合の工事費は高額ですが、実質無料になるので、長期利用するのであればハードルは低いです。

基本料金は一般的な値段

So-net光プラスの基本料金は戸建てで5,580円、マンションで4,480円となっており、他社と比較しても普通と感じる金額です。

ただし、24ヶ月目までは割引が適用されて、他社よりも安い値段で利用できます。

サービス戸建てマンション
So-net光プラス1~24ヶ月目:3,480円/月
25ヶ月目以降:5,580円/月
1~24ヶ月目:2,480円/月
25ヶ月目以降:4,480円/月
ドコモ光タイプA:5,200円/月
タイプB:5,400円/月
タイプA:4,000円/月
タイプB:4,200円/月
ソフトバンク光5,200円/月3,800円/月
ビッグローブ光4,980円/月3,980円/月
auひかり1年目:5,100円/月
2年目:5,000円/月
3年目以降:4,900円/月
3,400~5,000円/月

そのうえ、工事費の分割料金は月額に含まれているうえに割引で相殺されているので、So-net光はお得度が高いサービスと言えます。

auユーザーならセット割が受けられる

So-net光プラスはauスマートバリュー対応で、auユーザーなら検討しておきたい光回線と言えます。

auスマートバリューとは、対象回線を契約することで、auで利用しているスマホの料金が安くなる特典です。

auスマートバリューの割引額は大きく、プラン別に毎月下記の値段がスマホ料金から割り引かれます。

プラン割引額
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
【受付終了済みのプラン】
新auピタットプラン
1GBまで割引対象外
1GB以上7GB未満500円/月
【受付終了済みのプラン】
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
(シンプル):1GBまで割引対象外
2GBまで500円/月
2GB以上20GB未満1,000円/月
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE
【受付終了済みのプラン】
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
1,000円/月
【受付終了済みのプラン】
データ定額1
934円/月
【受付終了済みのプラン】
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
934円/月
【受付終了済みのプラン】
U18データ定額20
1,410円/月
【受付終了済みのプラン】
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
1,410円/月
【受付終了済みのプラン】
データ定額10/13/30
2,000円/月

auスマートバリューを受けられるスマホは1台に限らず、3親等以内の家族にも適用可能です。

auスマートバリュー適用ならば、家族4人合計で永年最大4000円割引ですので、家族全員がauユーザーでSo-net光プラスを契約すると、光回線の月額料金と同等金額のセット割引を受けられる可能性があります。

auスマートバリューに対応しているSo-net光プラスは、auユーザーなら必見のサービスと言えるでしょう。

主なオプションサービス

So-net光プラスの主なオプションサービスは、以下の5つです。

オプション月額料金
So-net光電話500円/月
So-net光テレビ750円/月
v6プラス対応
ルーターレンタル
無料
S-SAFE
(セキュリティソフト)
無料
So-net安心サポート300円/月
(最大12ヶ月無料)

光電話や光テレビの利用料金は他社とさほど変わりませんが、v6プラス対応ルーターのレンタルやセキュリティソフトが無料となっています。

Wi-Fiルーターやセキュリティソフトが無料で利用できる回線事業者はそうそうないので、So-net光プラスは細かいところも良心的な印象を受けます。

工事費などの初期費用

So-net光プラスの初期費用は、以下のどのパターンで契約するかで異なります。

  • 新規
  • フレッツ光からの転用
  • 他社の光コラボからの事業者変更

新規でSo-net光プラスを契約する場合、戸建てとマンションのどちらに住んでいても24,000円と高額な工事費が発生します。

工事費に加えて、事務手数料の3,000円も負担しなければいけません。

So-net光プラス 新規契約時の工事費
戸建て24,000円
マンション24,000円

とはいえ、So-net光では戸建てで60ヶ月、マンションでは48ヶ月で工事費を分割で支払えます。

さらに月額への割引特典が入ることで、工事費が実質無料になります。

フレッツ光からの転用、他社の光コラボから事業者変更で契約する場合、工事が不要なので初期費用は事務手数料の3,000円のみで済みます。

契約期間や違約金

So-net光プラスの契約期間は3年となっていて、更新月以外に解約すると20,000円の違約金が請求されます。

So-net光プラスの更新月は、以下の通りです。

So-net光プラスの更新月

37、38、73、74、109、110…ヶ月目

最初に違約金なしで解約できるのは37~38ヶ月目ですが、このときは工事費の残債が請求されるリスクがあります。

So-net光プラスでの工事費の分割支払い期間は戸建てで60ヶ月、マンションで48ヶ月です。

初回の更新月に解約すると、残りの工事費を精算しなければいけません。

そのため、費用の負担ゼロでSo-net光を解約できるタイミングは、2回目の更新月である73~74ヶ月目となります。

\毎月の料金がお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

実は持っている携帯キャリアごとに光回線のお得さ・おすすめできる回線は違う

実は持っている携帯キャリアごとに光回線のお得さ・おすすめできる回線は違うセット割でスマホ料金が安くなる光回線を選ぼう!

So-net光プラスは月額料金への割引、セット割引きがあるので、とても魅力的な回線です。

しかし、So-net光プラスを選ぶべきかは、どの携帯キャリアでスマホを利用しているかで変わります。

どんな人にSo-net光プラスがおすすめなのか、どんな人が他社回線を選ぶべきなのか解説します。

So-net光プラスはauユーザーにおすすめ

So-net光プラスがおすすめな人は、auのスマホユーザーです。

So-net光プラスはauスマートバリュー対応で、auユーザーだと他社回線よりも通信費を節約できます。

auユーザーにはauひかりという選択肢もありますが、So-net光プラスのほうが2年間の月額料金が安いです。

総合的なコストを考慮すると、So-net光プラスのほうが優先順位は高いと言えるでしょう。

au以外でスマホを利用している場合、セット割引きが受けられないのでSo-net光プラス以外の回線を検討してみましょう。

ドコモ・ソフトバンクユーザーは他社回線を検討してみよう

au以外でスマホを使っているのであれば、下記のような感じで他社回線を選ぶのがおすすめです。

ドコモユーザーはドコモ光を契約すると、光セット割によってスマホ代が安くなり、So-net光プラスを利用するよりも通信費を安くできます。

ソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光とNURO光がおすすめです。

ソフトバンク光とNURO光は、ソフトバンクのスマホ代が安くなるおうち割光セット対応回線です。

So-net光プラスと人気の他社光コラボは通信速度に大差がない

v6プラス対応だから、So-net光プラスに魅力を感じているドコモ・ソフトバンクユーザーの人もいると思います。

たしかにSo-net光プラスの通信速度は魅力ですが、携帯キャリア向けのセット割に対応している他社回線も通信速度が速いので安心してください。

So-net光プラスと携帯キャリア向けセット割引対象の他社回線で、最大通信速度と実測値を比較してみます(※2020年11月時点での『みんなの回線速度』の情報を基にしています)。

サービス最大通信速度実測値
So-net光プラス1Gbps241.38Mbps
ドコモ光1Gbps205.25Mbps
ソフトバンク光1Gbps226.1Mbps
NURO光2Gbps418.3Mbps

NURO光だけ頭一つ抜けていますが、それ以外はSo-net光プラスと大差ありません。

携帯キャリア向けセット割引がある他社は、v6プラスやIPv6に対応しているので、通信速度の速さや安定性はSo-net光プラスと同等と言えます。

So-net光プラスのメリット・デメリット!

So-net光プラスのメリット・デメリット!申込む前に要チェック!

以上の評判やサービス内容を踏まえて、So-net光プラスのメリットとデメリットをまとめました。

So-net光プラスはv6プラスによって機能性が優秀なうえに、auユーザーであれば料金がお得になるといった魅力があります。

しかし、サポートの対応は賛否が分かれているうえに、ドコモやソフトバンクユーザーには向いていません。

So-net光プラスのメリット6つ

So-net光プラスのメリットは、以下の6つです。

  • v6プラス対応だから快適にネットができる
  • v6プラス対応ルーターのレンタルが無料
  • セキュリティソフトが無料
  • auスマートバリューがあるからauのスマホ代が割引される
  • フレッツ・光コラボからの乗り換えは工事不要でできる
  • フレッツ回線対応だから提供エリアが広い

So-net光プラスのメリットを、より詳しく解説します。

v6プラス対応で常に安定した通信が可能

So-net光プラスの特徴的なメリットは、v6プラスに対応している点です。

v6プラスではいつでも安定したネット通信が可能なので、快適な回線環境を手に入れたい人にSo-net光プラスは適しています。

さらにv6プラスは無料で利用できるので、通信環境を整備するうえの費用も節約できます。

v6プラス対応ルーターが無料でレンタルできる

v6プラスを利用するには対応のWi-Fiルーターが必要ですが、So-net光プラスではそれを無料でレンタルできます。

レンタル料が0円だからといってWi-Fiルーターの性能が悪いわけではなく、IEEE802.11ac対応なので、常に快適なWi-Fi通信が可能です。

無料でレンタルできるv6プラス対応ルーター

ビームフォーミングやハイパワーシステムといった機能も備わっていて、ルーターとデバイスの接続状態も安定します。

セキュリティソフトも無料で利用できる

セキュリティソフトが無料で利用できるところも、So-net光プラスを評価するべきポイントです。

So-net光プラスが無料で提供するセキュリティソフト『S-SAFE』は、数々の受賞歴があるF-Secure社が手がけており、機能性は優秀です。

ウイルス対策はもちろん、詐欺サイトへの対策など豊富な機能でネットでの安全を確保できます。

So-net光プラスが無料で提供するセキュリティソフト『<strong>S-SAFE</strong>』の概要

※引用元:so-net

他のプロバイダではセキュリティソフトを利用するのに月額数百円から500円かかるので、無料なのは嬉しいところです。

auスマートバリューでauのスマホ代が安くなる

So-net光プラスはauスマートバリュー対象回線なので、auユーザーには特におすすめです。

auスマートバリューの割引内容は先ほどご説明した通りで、スマホ代を安くしたいauユーザーにとってSo-net光プラスは魅力的な選択肢と言えます。

auひかりよりも提供エリアが広いので、auひかりが契約できない場合の代わりにもなります。

フレッツや光コラボからの乗り換えなら工事不要

So-net光プラスはフレッツ回線を用いる光コラボなので、フレッツ光や他社の光コラボからなら工事なしで乗り換えが可能です。

工事が不要だと初期費用がほとんどかからないので、フレッツ光や光コラボを利用している人にとってSo-net光プラスは手の出しやすいサービスと言えます。

工事が不要だと開通日も早く、申し込みから1~2週間程度で開通が可能です。

フレッツ回線を用いているから提供エリアが広い

So-net光プラスはフレッツ回線を用いる光コラボなので、提供エリアが全国区と言えるほど広いです。

他の独自回線が契約できなくてもSo-net光プラスなら契約できる可能性があるので、困ったときの選択肢になります。

とはいっても、ドコモ光やソフトバンク光など他の光コラボも条件は同じなので、So-net光プラスだけのメリットというわけではありません。

So-net光プラスのデメリット3つ

So-net光プラスには、以下3つのデメリットもあります。

  • 契約期間と工事費残債の縛りが複雑
  • サポート窓口の対応の良し悪しは運次第
  • ドコモ・ソフトバンクユーザー向けの特典がない

デメリットを詳しく解説します。

契約期間と工事費残債の縛りが複雑

So-net光プラスには複雑な契約期間と工事費残債の縛りがあるので、短期間だけ利用したい人には向いていません。

So-net光プラスの契約期間は3年ですが、工事費の分割支払い回数は48ヶ月か60ヶ月です。

そのため、費用なしで解約できる最初の更新月は6年後の73~74ヶ月になってしまいます。

So-net光プラスを契約するなら、最低でも6年の利用は見据えなければいけないわけです。

So-net光プラスは、あくまで長期利用を考えている人向けのサービスと考えたほうがいいでしょう。

サポートの対応の良し悪しは運次第

So-net光プラスのサポート窓口は評判の良し悪しが分かれていて、一概に対応が良いとは断言できません。

\毎月の料金がお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

So-net光プラスの速度が遅いと感じるときの考えられる原因と対処法

So-net光プラスの速度が遅いと感じるときの考えられる原因と対処法故障かな?と思ったら必ず確認!

So-net光プラスはv6プラス対応なので通信速度は優秀ですが、たまに低速になる可能性があります。

通信速度が遅くなったときは、以下4つのどれかが原因と考えられます。

  • 周辺機器の動作不良
  • Wi-Fiと他の電磁波の干渉
  • LANケーブルの故障かスペック不足
  • 通信障害

So-net光プラスの通信速度が遅くなる原因と、対処法をご紹介します。

周辺機器の動作不良である可能性は高い

可能性が高いのは、無線LANルーターやONU(回線終端装置)に起きている不具合です。

無線LANルーターとONUはアクセスログが溜まるようになっていて、インターネットを使うほどログの量が増えます。

蓄積されたアクセスログの量が大きくなると、無線LANルーターやONUへの負荷となる、通信速度の低下を招きます。

しかし、アクセスログは無線LANルーターやONUの電源を消すとなくなるので、速度が遅いときは再起動させてみましょう。

周辺機器を再起動するだけで通信速度が改善するケースは、意外と多く見受けられます。

Wi-Fiと他の電磁波との干渉

Wi-Fi接続でSo-net光プラスを利用している場合、Wi-Fiが他の電磁波と干渉している可能性が考えられます。

Wi-Fiには、2.4GHzと5GHzの2種類があります。

周波数帯メリットデメリット
5GHz・家電の電磁波と干渉しない
・2.4GHzよりも通信速度が速い
壁などの障害物に弱い
2.4GHz・壁などの障害物があっても届きやすい
・5GHzと比べると通信速度が遅い
家電の電磁波と干渉しやすい

2.4GHzは家電を動作させる電磁波でも用いられている周波数帯です。

そのため、2.4GHzのWi-Fiを利用していると、家電の電磁波と干渉して通信速度が遅くなる場合があります。

2.4GHzのWi-Fiを利用して速度が遅いと感じたら、5GHzのWi-Fiを利用してみてください。

5GHzのWi-Fiを利用する方法は難しくなく、以下の表を参考してデバイス側のWi-Fi設定画面で接続するネットワークのSSIDを変更するだけです。

パターンSSIDの数値対応周波数帯
パターン1語尾が2G2.4GHz
語尾が5G5GHz
パターン2数値の真ん中に記載されている文字が「G」2.4GHz
数値の真ん中に記載されている文字が「A」5GHz

LANケーブルの故障・性能不足

有線接続でSo-net光プラスを利用している場合、LANケーブルに原因があるかもしれません。

LANケーブルの原因として挙がるのは、故障と性能不足です。

古いLANケーブルを利用している場合、断線してネット接続が不安定になっている可能性があります。

Wi-FiルーターやデバイスへのLANケーブルの差し込みが甘い場合もあるので、確認してみましょう。

LANケーブルに異常がなければ、スペックに問題があると考えられます。

LANケーブルには以下6つの規格があり、どれに対応しているかで通信速度の速さと安定性が左右されます。

規格最大通信速度伝送帯域
CAT840Gbps2000MHz
CAT710Gbps600MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT5100Mbps100MHz

So-net光プラスの最大通信速度は1Gbpsなので、最低でも規格がCAT5eのLANケーブルを利用するのが理想的です。

LANケーブルの形状でも、通信速度の速さと安定性が変わります。LANケーブルの形状は、以下の3種類あります。

  • スタンダード
  • フラット
  • 極細

通信速度の速さと安定性に長けているのはスタンダードタイプで、ノイズとなる家電などの電磁波を拾う可能性が低いです。

フラットや極細タイプはノイズを拾いやすく、通信速度が不安定になる恐れがあります。

通信障害の可能性も

可能性は高くありませんが、So-net側で通信障害が起きている場合もあります。

どの方法を試しても通信速度が遅いのであれば、So-netの公式サイトで通信障害が起きていないか調べてみてください。

So-net 障害・メンテナンス情報

So-net光プラスとフレッツ光の違いを比較

So-net光プラスとフレッツ光の違いを比較どちらがお得か徹底比較!

So-net光プラスはフレッツ回線を用いる光コラボですが、フレッツ光とは根本的にサービス内容が異なります。主な違いは、以下の8つです。

  • 月額料金
  • サービスの仕組み
  • セット割引の有無
  • プロバイダが選べるか
  • v6プラス対応であるか
  • 工事費用
  • 違約金
  • 契約期間

総合的に比較すると、So-net光プラスはフレッツ光よりも良いサービスと言えます。

月額料金と仕組み

So-net光プラスとフレッツ光の特徴的な違いは、月額料金とサービスの仕組みです。

まずSo-net光プラスとフレッツ光の月額料金を比較してみます。

事業者戸建ての月額料金集合住宅の月額料金
So-net光プラス1~24ヶ月目:3,480円/月
25ヶ月目以降:5,580円/月
1~24ヶ月目:2,480円/月
25ヶ月目以降:4,480円/月
フレッツ光(東日本)6,700円4,650円
フレッツ光(西日本)6,400円4,600円

※フレッツ光の月額はプロバイダ料金を相場額で算出しています。

月額料金で比較すると、お得なのはSo-net光プラスです。

So-net光プラスとフレッツ光はサービスの仕組みも異なり、その違いはプロバイダの契約形式に影響を及ぼします。

So-net光プラスは回線とプロバイダがセット契約となっていて、回線とプロバイダの利用料金をまとめて支払えます。

フレッツ光は回線とプロバイダ契約が別々のため、毎月それぞれの料金を別々に支払わなければいけません。

そのため、So-net光プラスはフレッツ光よりも通信費の管理が楽なサービスだと言えます。

セット割引の有無

So-net光プラスはauスマートバリュー対応で、auのスマホ代を安くできます。

フレッツ光にはセット割引がなく、どの携帯キャリアを契約していてもスマホ代は安くなりません。

そのため、auユーザーであればSo-net光プラスのほうが魅力的です。

au以外でスマホを使っている場合も、セット割引が受けられるフレッツ光以外のサービスを利用するのが望ましいです。

プロバイダが選べるか・v6プラス対応であるか

So-net光プラスでは利用できるプロバイダがSo-netのみですが、フレッツ光では自分でプロバイダの選択が可能です。

フレッツ光のプロバイダが選べるところは一見メリットに感じますが、自分でv6プラス対応プロバイダを見つけなければいけないデメリットが生じます。

すべてのプロバイダがv6プラスに対応しているわけではなく、未対応の事業者を選ぶと夜に通信速度が遅くなる恐れがあります。

So-net光プラスではv6プラス対応のSo-netだけが利用できるので、フレッツ光よりは安心して契約できると言えるでしょう。

工事費費用

初期費用のほとんどを占める工事費も、So-net光プラスとフレッツ光とでは異なります。

事業者工事費
So-net光プラス戸建て:24,000円
マンション:24,000円
フレッツ光(東日本)戸建て:18,000円
マンション:15,000円
フレッツ光(西日本)戸建て:18,000円
マンション:15,000円

金額だけ比較すると、工事費が安いのはフレッツ光です。

しかし、So-net光プラスでは工事費を48回か60回で分割支払いができるうえに、月額料金に工事費の分割支払い金と同額の割引が入り実質無料になります。

フレッツ光でも工事費を30回の分割で支払えますが、実質無料にはなりません。

キャッシュバックなどの特典もないので、初期費用はSo-net光プラスのほうが安いと言えます。

違約金・契約期間

So-net光プラスとフレッツ光には、解約するハードルの高さに違いがあります。

So-net光プラスとフレッツ光の契約期間と違約金を、比較表にまとめました。

事業者契約期間違約金
So-net光プラス3年20,000円
フレッツ光(東日本)2年戸建て:11,000円
マンション:7,700円
フレッツ光(西日本)2年戸建て:9,500円
マンション:1,500円

So-net光プラスの契約期間は3年です。

フレッツ光は2年なうえに、違約金がSo-net光プラスより安いです。

契約期間と違約金だけを見比べると、解約のハードルが低いのはフレッツ光と言えるでしょう。

費用なしで解約できる初回の更新月で工事費の分割支払い回数で決まりますが、これで比較してもフレッツ光のほうがハードルが低いです。

事業者工事費分割回数
So-net光プラス戸建て:24,000円
マンション:24,000円
戸建て:60回
マンション:48回
フレッツ光(東日本)戸建て:18,000円
マンション:15,000円
30回
フレッツ光(西日本)戸建て:18,000円
マンション:15,000円
30回

フレッツ光では費用なしで解約できる初回の更新月が4年後にたいして、戸建てでSo-net光プラスを利用する場合は6年も後です。

2年以上の利用を望んでいないのであれば、フレッツ光のほうが優先順位は高いです。

とはいえ、契約期間が2年で工事費の分割支払い回数が3年未満のサービスは他にもあるので、フレッツ光だけが候補というわけではありません。

So-net光プラスの評判まとめ

この記事では、So-net光プラスの評判からサービス内容、メリット・デメリットまで解説しました。

So-net光プラスはv6プラス対応で通信速度の評判が良く、セット割引のauスマートバリュー対応でauユーザーからも好評です。

サポート窓口の対応は、そのときによって良し悪しが異なります。

So-net光プラスの月額料金は他社と比較しても安いですが、au以外でスマホを使っているならドコモ光やソフトバンク光をチェックしてみてください。

au以外でスマホを使っているとauスマートバリューが受けられず、So-net光プラスのお得度が下がるからです。

auでスマホを使っていれば、So-net光プラスは魅力的な選択肢と言えるでしょう。

工事費の負担も強いられませんが、契約期間と工事費の分割支払い回数が長いので、申し込む場合は長期利用を見据えてください。

\毎月の料金がお得!/
» 公式サイトで詳しく見る