光回線のIPv6

光回線のIPv6プラスとは?IPv4との違いや対応している光回線を紹介!

通信速度が速くなると評判のIPv6プラス。

IPv6プラスはもともとIPアドレス不足を解消することを目的とした機能ですが、IPv4よりも速度が安定する強みがあります。

IPv4と違って固定IPなどが使えないデメリットはありますが、ネットやSNS、動画の閲覧がメインであればIPv6プラスの利用は検討しておきたいところです。

ここではIPv6プラスについて以下5つの情報をまとめました。

  • IPv6プラスの特徴
  • IPv6プラスとIPv4の違い
  • IPv6プラスのデメリット
  • IPv6プラスに対応している光回線
  • IPv6プラスに繋がっているかの確認方法

IPv6プラスがどんな機能なのか知りたい人、IPv6プラスを使おうか迷っている人は参考にしてください。

IPv6プラスとは?

IPv6プラスとは?IPv6プラス対応でネットがサクサク快適に!

IPv6プラスはIPv6とIPv4の良いところをとった接続方式です。

IPv6はもともとIPアドレスの不足を避けるために普及がはじまったものですが、今や速度の安定性を図る機能としても活用されています。

IPv6とはどのような機能なのか解説します。

IPアドレスの不足問題を解消する接続方式がIPv6

IPv6プラスとは、もともとIPv4でのIPアドレス枯渇問題を回避するために展開がはじまったプロトコルです。

IPv4で発行できるIPアドレスは約34億個までと膨大です。しかし、スマートフォンやモバイルルーターといったモバイル端末の普及により、IPv4でのIPアドレスの不足が問題視されています。

IPv6で発行できるIPアドレスの個数は約340澗個です。約340澗個はいわゆる『43億×43億×43億×43億』の数なので、IPv6のIPv6アドレスで枯渇の心配がないといえます。

IPoE方式で接続して通信速度が速くなるメリットがある

IPv6プラスを利用すると、通信速度の安定性が高まるメリットが受けられます。

IPv4で利用するPPPoE方式の接続では回線が混雑しやすく、同時にネットを使う人口が多い夜では通信速度が遅くなりがちです。IPv6プラスではIPoE方式での接続が可能で、夜でも通信速度が安定します。

IPv6プラスのIPoE接続では混雑しにくい経路を利用するので、どれだけ同時利用者が増えても速度が不安定になりません。

IPoE接続のイメージ

※引用元:NTT docomo

そのため、通信速度を安定させるためにIPv6プラスを使うという傾向が見受けられるようになっています。

注意点:IPoE方式での接続ができないIPv6サービスもある

プロバイダによっては、IPoE方式での接続ができないIPv6サービスを提供しているプロバイダがあるので注意が必要です。

IPoE非対応プロバイダを契約すると、IPv6を使ってもPPPoE形式でしかネットに接続できないので、夜になって速度が遅くなるリスクが伴います。

IPv6対応プロバイダを契約するのであれば、IPoE方式での接続が可能なのか確認してください。

IPv6プラスならIPv4のみ対応サイトでも安定して速度で見れる

今のインターネット上にはIPv6対応サイトと、IPv4対応サイトの2種類があります。

IPv4で閲覧できるのはIPv4対応サイトのみで、IPv6対応サイトは見れません。

IPv6プラスはIPv4対応サイトと、IPv6対応サイトのどちらも閲覧できます。

IPv4対応サイトを見る場合でもIPoE方式での接続状態を維持でき、安定した速度が閲覧が可能です。

IPv6プラスとIPv4の違いを比較

IPv6プラスとIPv4の違いを比較IPv6プラスでは利用できない機能もあるので要注意

IPv6プラスとIPv4の違いを表にまとめました。

項目IPv6プラスIPv4
発行できるIPアドレスの個数約340澗個約43億個
利用できる接続方式IPoE
PPPoE
PPPoEのみ
設定方法対応ルーターを設置できれば基本不要回線・プロバイダの契約時に設定ツールでユーザーIDとパスワードを入力
注意点以下の機能は利用不可。

・固定IP
・ダイナミックDNS
・一部のオンラインゲームでのポート開放やIPアドレスの共有
・特定のプロトコルの利用
・外部に向けてのサーバー公開

以下の機能が利用できる。

・固定IP
・ダイナミックDNS
・一部のオンラインゲームでのポート開放やIPアドレスの共有
・特定のプロトコルの利用
・外部に向けてのサーバー公開

IPv6プラスとIPv4の違いはIPアドレスの個数だけではありません。通信速度の優劣や、設定の簡単さも左右するほどの違いもあります。

通信速度の速さや設定の簡易性を求めるのであれば、IPv6プラスがおすすめです。

ただし、IPv6プラスで利用できない機能があるので、念のため注意しなければいけません。

チェックしておきたいIPv6プラスとIPv4の違いを解説します。

接続方式の違いによる通信速度の安定性

IPv6プラスとIPv4の違いは通信速度です。

光回線ではIPv6とIPv4のどちらを利用しても最大通信速度が1Gbpsですが、実効速度はかなりの違いがあります。

IPv6ではIPoE方式でネットに接続するので、通信速度が安定します。

口コミでもIPv6プラスは通信速度は速いと評判です。

IPv4では回線の混雑が生じるPPPoE方式での接続になるため、夜に速度が遅くなります。口コミでもIPv4での通信速度が遅いといわれています。

通信速度の安定性を重視するなら、IPv6プラスを使うのが吉といえるでしょう。

設定方法の簡単さ

IPv6プラスとIPv4とでは設定方法も異なります。

IPv6プラスの設定方法は簡単で、回線の契約後IPv6の申込み完了後にIPv6対応ルーターを設置するだけです。

固定回線でIPv4を利用する場合、契約するときに以下の手順で設定をしなければいけません。

  1. デバイスを契約回線に繋ぐ
  2. デバイスのブラウザで指定のURLを入力して設定ページへアクセス
  3. 契約事業者が定めるIDとパスワードを入力してログイン
  4. マニュアルと画面の指示に従って接続設定を行う

設定が面倒、設定ができるか不安な人にはIPv6プラスの利用がおすすめです。

利用できる機能の違いには注意

IPv6プラスの機能性はIPv4と比較するとかなり優れていますが、以下5つの機能が利用できません。

  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • 一部のオンラインゲームでのポート開放やIPアドレスの共有
  • 特定のプロトコルの利用
  • 外部に向けてのサーバー公開

固定IPが利用できなければ、オンラインカメラやサーバーの公開などあらゆる機能が利用できません。

ネットやSNS、動画をみたりするぐらいなら問題はありませんが、念のために注意は必要です。

IPv6プラスに変更しても通信速度が速くなるとは限らない

IPv6プラスに変更しても通信速度が速くなるとは限らない通信速度が安定していなかったら要チェック!

IPv6プラスを利用したからといって、必ず通信速度が速くなるわけではありません。

IPv6プラスを利用しても、以下の原因で通信速度が安定しないパターンもあり得るからです。

  • 使っている無線LANルーターがIPv6プラスに対応していない
  • 無線LANルーターのIPv6パススルー機能が無効になっている
  • 無線LANルーターのスペックが不足している
  • 2.4GHzのWi-Fiを利用していて、家電の電磁波などと干渉している
  • LANケーブルやLANポートの性能が足りていない
  • 周辺機器やデバイスの動作不良
  • 回線やプロバイダの通信障害

IPv6プラスを利用しても通信速度が速くならない原因を詳しく解説します。

無線LANルーターがIPv6プラス対応なのか注意

そもそもIPv6プラスとは、IPv6プラス対応の無線LANルーターがあってはじめて利用できる機能です。

今使っている無線LANルーターが非対応機種であれば、対応回線やプロバイダを契約してもIPv6プラスは利用できません。

IPv6プラスを申込んだのに通信速度が遅いのであれば、最初に無線LANルーターが対応機種なのかチェックしてみましょう。

無線LANルーターのIPv6パススルーを有効にする

無線LANルーターがIPv6プラス対応機種でも、IPv6パススルー機能が無効だと通信速度が速くなりません。

IPv6パススルーは初期状態で有効になっているものですが、無効になっているパターンもあり得るので確認してみましょう。

IPv6パススルーが有効になっているかの確認方法、有効にする方法を無線LANルーターのメーカー別にまとめました。

Buffaloの無線LANルーターを利用している場合

Buffaloの無線LANルーターのIPv6パススルー機能が有効になっているかの確認方法は以下の通りです。

  1. デバイス側で無線LANルーターの設定アプリを起動
  2. 詳細設定』を選択
  3. 画面左側にある『セキュリティ』を選択
  4. 画面左側で『(VPN)パススルー
  5. フレッツIPv6サービス対応機能』の項目にある『使用する』にチェックが入っているか確認

フレッツIPv6サービス対応機能』の項目にある『使用する』にチェックが入っていなければ、チェックを入れて画面下の『設定』ボタンを押してください。

エレコムの無線LANルーターを利用している場合

エレコムの無線LANルーターのIPv6パススルー機能が有効になっているかの確認方法は以下の通りです。

  1. デバイス側のブラウザを起動する
  2. ブラウザのアドレスバーに『192.168.2.1』と入力してルーターの管理画面にアクセス
  3. 表示される画面でユーザー名とパスワードに『admin』と入力してログイン
  4. 無線LANルーターの管理画面で『詳細設定(上級者向け)』を選択
  5. 画面左側で『NAT』を選択
  6. 画面左側で『IPv6 Bridge』を選択
  7. 画面右側の『IPv6 Bridge』の項目に『有効』にチェックが入っているか確認

IPv6 Bridge』の項目で『有効』にチェックが入っていなければ、チェックを入れて『更新』ボタンを押してください。

NECの無線LANルーターを利用している場合

NECの無線LANルーターでは、以下の方法でIPv6パススルー機能が有効なのかを確認できます。

  1. デバイス側のブラウザを起動する
  2. ブラウザのアドレスバーに『http://aterm.me』と入力して『クイック設定Web』を起動
  3. 認証画面のユーザー名に『admin』、パスワードにパスワードを入力してログイン
  4. トップページの画面左側で『基本設定』を選択
  5. さらに表示される画面左側のメニューから『基本設定』を選択
  6. IPv6ブリッジ』の項目で『使用する』にチェックが入っているか確認

IPv6ブリッジ』の項目で『使用する』にチェックが入っていなければ、チェックを入れて『設定』を押してください。

無線LANルーターのスペックが求められる

IPv6プラスを利用してWi-Fi接続での通信速度を速くするには、無線LANルーターのスペックが重要になります。

何年も前の無線LANルーターを利用しているのであれば、スペックが足りていないか確認してみましょう。

無線LANルーターの性能は、どの無線LAN規格に対応しているかで決まります。

無線LAN規格最大通信速度
IEEE802.11ac866Mbs以上
IEEE802.11n300Mbps
IEEE802.11a54Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11b11Mbps

IPv6プラスを活用して通信速度を速くするためには、IEEE802.11acに対応の無線LANルーターを使うのが望ましいです。

IEEE802.11ac非対応の無線LANルーターを使用していても速度の安定性は見込めますが、速度の飛躍的な向上は期待できません。

もし使っている無線LANルーターがIEEE802.11ac非対応なのであれば、対応機種への買い替えをしたいところです。

IPv6プラス提供事業者は対応ルーターを有料で貸し出しているので、レンタルするのも一つの方法です。

5GHzのWi-Fiを使う

Wi-Fi接続でIPv6プラスの通信速度が遅いと感じるのであれば、利用するWi-Fiの周波数帯を切り替えてみたいところです。

無線LANルーターは以下の2種類の周波数帯のWi-Fiを発信しており、Wi-Fiの接続設定をするときにどちらを使うかを選択できます。

周波数帯メリットデメリット
5GHz・家電の電磁波と干渉しない
・2.4GHzよりも通信速度が速い
壁などの障害物に弱い
2.4GHz・壁などの障害物があっても届きやすい
・5GHzと比べると通信速度が遅い
家電の電磁波と干渉しやすい

2.4GHzのWi-Fiを利用していると、近くにある電子レンジやテレビの電磁波とWi-Fiが干渉して、通信速度が不安定になる問題が発生します。集合住宅だと隣の家で飛んでいるWi-Fiとも干渉しがちです。

5GHzは家電の電磁波とは異なる周波数帯なので、活用すると干渉の問題を避けられます。

5GHzへの切り替えは接続するWi-FiのSSIDを変えるだけなので、ぜひ試してみましょう。

無線LANルーターの側面や底面を見ると、2種類のSSIDを確認できます。2種類のうちどちらかが2.4GHzと5GHzです。

パターン別にSSIDを見て周波数帯を把握する方法を表にまとめたので、参考にしてください。

パターンSSIDの数値対応周波数帯
パターン1語尾が2G2.4GHz
語尾が5G5GHz
パターン2数値の真ん中に記載されている文字が「G」2.4GHz
数値の真ん中に記載されている文字が「A」5GHz

LANケーブルやLANポートのスペックも求められる

有線接続でIPv6プラスでの通信速度が遅いと感じるのであれば、以下のどれかが原因の可能性があります。

  • LANケーブルの差し込みが甘い
  • LANケーブルの故障
  • LANケーブル、LANポートのスペックが足りていない

まずはルーターとデバイスを繋ぐLANケーブルの差し込みが甘くないかチェックしてみましょう。LANケーブルの差し込みが甘ければ、しっかりと奥まで差し直しましょう。

古いLANケーブルを利用しているのであれば、断線などで故障している可能性もあるので要注意です。

LANケーブルの性能も有線接続での通信速度を決める要因です。

LANケーブルには6種類の規格があり、利用しているケーブルがどれに対応しているかで通信速度が変わります。

規格最大通信速度伝送帯域
CAT8(カテゴリー8)40Gbps2000MHz
CAT7(カテゴリー7)10Gbps600MHz
CAT6A(カテゴリー6A)10Gbps500MHz
CAT6(カテゴリー6)1Gbps250MHz
CAT5e(カテゴリー5e)1Gbps100MHz
CAT5(カテゴリー5)100Mbps100MHz

利用しているLANケーブルの対応規格は、ケーブルに印字されている文字を見ればわかります。

最大通信速度が1Gbpsの光回線を契約しているのであれば、対応の無線LAN規格がCAT5e以上のLANケーブルを使うのが理想的です。

LANケーブルの形状もIPv6プラスの通信速度に影響を及ぼすポイントです。LANケーブルの形状別に特徴をまとめました。

LANケーブルの形状特徴
スタンダード(おすすめ)線が太く、ノイズの影響を受けにくく速度が安定しやすい
フラット線がフラットで収納しやすいが、ノイズを拾いやすく速度が不安定になるリスクがある
極細線が極めて細く収納はしやすいが、ノイズを拾いやすく速度が安定しない恐れがある

もっとも通信速度が安定するのはスタンダードタイプで、生活家電などからの電磁波を拾いにくい強みがありおすすめです。

フラットタイプと極細タイプは生活家電からの電磁波を拾いやすく、通信速度が不安定になりがちなので、IPv6プラスを使って速度を速くするのであれば利用はおすすめできません。

ルーター側のLANポートがどの規格に対応しているかでも、有線接続の通信速度は大きく変わります。LANポートの規格は以下の3種類あり、1000BASE-T対応のルーターを使いたいところです。

LANポートの規格最大通信速度
1000BASE-T1Gbps
100BASE-T100Mbps
10BASE-T10Mbps

利用しているLANケーブルやルーターのスペックが低いのであれば、買い替えを検討してみましょう。

周辺機器とデバイスの再起動だけで改善するパターンもある

IPv6プラスを使いはじめてしばらく経ってから通信速度が遅くなった場合、周辺機器やデバイスに生じた不具合が原因と考えられます。

無線LANルーターやONU、各デバイスにはインターネットを使うほどアクセスログが記録されます。

周辺機器とデバイスにアクセスログが溜まりすぎると、各機器への負荷となってネットの通信状態が不安定になる原因になります。

しかし、アクセスログは電源を切ると消えるので、周辺機器やデバイスを再起動させると問題を解消できます。

回線やプロバイダで通信障害が起きるパターンも

可能性は高くないですが、契約している回線やプロバイダで通信障害が起きて速度が遅い、ネットが繋がらない場合もあります。

どの方法で対処してもIPv6プラスでの通信速度が不安定なのであれば、契約している回線事業者やプロバイダの公式サイトを見て、通信障害が起きていないか確認してください。

通信障害が起きているときの対処法は、復旧を待つだけです。

通信速度のメリットは大きいIPv6プラスにもデメリットがある?!

通信速度のメリットは大きいIPv6プラスにもデメリットがある?!IPv6プラスはどの回線でも利用できるわけじゃない!

IPv6プラスは通信速度が速くなるメリットがありますが、以下2つのデメリットもあるので注意が必要です。

  • 利用するにはIPv6プラス対応の周辺機器やデバイスが必要
  • 固定IPなどの利用ができない

IPv6プラスのデメリットを詳しく解説します。

IPv6プラス対応の周辺機器・デバイスが必要

IPv6プラスを利用するには、以下2つの条件を満たさなければいけません。

  • 対応回線、プロバイダの契約
  • 対応無線LANルーター、デバイスの利用

すべての光回線やプロバイダでIPv6プラスが使えるわけではなく、対応事業者は限られています。

公式サイトにIPv6対応と書かれていても、IPoE方式での接続ができるIPv6プラスには非対応の事業者もあるので注意が必要です。

対応回線やプロバイダを契約していても、IPv6プラスを利用するには対応の無線LANルーターやデバイスが必須です。

利用している無線LANルーターやデバイスが古いモデルだと、IPv6プラス非対応で通信速度が速くならないので気をつけなければいけません。

固定IPなどの利用が不可

IPv4との比較でも触れましたが、IPv6プラスでは以下5つの機能が利用できません。

  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • 一部のオンラインゲームでのポート開放やIPアドレスの共有
  • 特定のプロトコルの利用
  • 外部に向けてのサーバー公開

すでに固定IPを用いてオンライン監視カメラや、サーバーの公開をしているのであれば、IPv4接続用のプロバイダを別途契約するなどの対策が必要です。

IPv6プラスに対応している光回線

IPv6プラスに対応している光回線IPv6プラスに対応した光回線は続々増加中!

IPv6プラスが利用できる光回線は主に以下5種類です。

  • フレッツ光
  • ドコモ光
  • ビッグローブ光
  • auひかり
  • ソフトバンク光

ただし、回線ごとにIPv6プラスを利用できる条件は違うので注意してください。

フレッツ光

フレッツ光は全国的に提供エリアが広く、知名度と信頼度が高いIPv6プラス対応回線です。

ただし、IPv6プラスを利用するには、対応プロバイダの契約が必要なので注意してください。

IPv6プラスが利用できる主なプロバイダは以下の通りです。

  • IPv6プラス対応の主要プロバイダ:@nifty、So-net、OCN、BIGLOBE、GMOとくとくBB、Yahoo!BB

フレッツ光は知名度と信頼度が高い光回線ですが、ドコモ光やビッグローブ光と違ってスマホとのセット割がありません。

代理店経由での申込みでキャッシュバックがもらえる』といったメリットもないので、料金のお得さも重視したい人は他の回線も要検討です。

ドコモ光

ドコモ光もIPv6プラスに対応している光回線の一つです。ただし、IPv6プラスを利用するには、対応プロバイダへの加入が必要です。

IPv6プラス対応プロバイダと非対応プロバイダをまとめました。ドコモ光を契約する場合は参考にしてください。

ドコモ光 IPv6プラス対応プロバイダ・非対応プロバイダ
IPv6プラス対応プロバイダドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、andline、BIGLOBE、SIS、ic-net、Tigers-net.com、SYNAPSE、BB.excite、楽天ブロードバンド、OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット、AsahiNet、WAKWAK
IPv6プラス非対応プロバイダhi-ho、エディオンネット、TiKiTiKi、@ネスク、01光コアラ、TNC

ドコモ光で『光セット割』でドコモのスマホが安くなるので、ドコモユーザーは必見です

GMOとくとくBBからの申込みで高額キャッシュバックが貰えるうえ、高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできるところもおすすめポイントです。

フレッツ光からなら工事なしで乗り換えられるのも嬉しいところです。

ドコモ光については『【利用者からのドコモ光の評判まとめ】知っておきたい評判や速度・料金を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ビッグローブ光

ビッグローブ光はIPv6プラス対応のうえに、auスマートバリューの適用でauのスマホに割引が入るので、auユーザーにおすすめの光回線となっています。

フレッツ光から乗り換えなら工事が不要なメリットもあります。

新規で契約する場合でも、代理店『LBフォース』からの申込みで工事費が大幅に減るうえに、キャッシュバックも受けられるので初期費用の負担は少ないです。

ビックローブ光キャンペーンバナー

※引用元:ビックローブ光

ただし、IPv6プラスを利用するには申込みが必要です。

ビッグローブ光を契約するのであれば、申込むときにIPv6プラスを使いたい旨を伝えましょう。

ビッグローブ光については『ビッグローブ光の評判は悪い?申し込み前に知っておきたい評判と速度・料金を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

auひかり

auひかりはauユーザーに向いたIPv6プラス対応回線、auのスマホが安くなる『auスマートバリュー』が魅力です。

関東の一部地域では、最大通信速度が5Gbpsや10Gbpsのプランが提供されているところも特筆するべきポイントです。

auひかりについては『【auひかりの評判】通信速度には定評も対象地域に注意!契約前に知りたいauひかりのレビュー』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

auひかりのデメリットは提供エリアが限られているところで、契約できないauユーザーの人はビッグローブ光を検討する必要があります。

ソフトバンク光

ソフトバンク光はIPv6プラスの利用で通信速度が速く、おうち割光セットでソフトバンクのスマホが安くなるところが特徴です。

キャンペーンが充実していて、初期費用の負担がないメリットもあります。

ただし、IPv6プラスを利用するには、光BBユニットのレンタルが必要なので注意しましょう。

光BBユニットは有料でレンタルできる無線LANルーターです。

光BBユニットのレンタルはおうち割光セットの適用条件なので、ソフトバンクユーザーであればさほどネックはなりません。

ソフトバンク光については『ソフトバンク光の評判は?キャッシュバックが高い代理店比較と気になる速度・料金を解説!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

おうち割光セットが受けられない他社スマホのユーザーだと、光BBユニットのレンタルは毎月負担するコストが増えるデメリットになるので、他社を検討するべきです。

IPv6プラスに繋がっているかの確認方法

IPv6プラスに繋がっているかの確認方法自宅でも簡単にチェックできる!

IPv6プラスを申込んだはいいけど利用できているか不安であれば、以下の方法で確認してみましょう。

  • 各IPv6接続確認サイトにアクセスする
  • パソコンの設定画面から確認する

IPv6プラスを利用できているかの確認方法を詳しく解説します。

各IPv6接続確認サイトにアクセスする

手っ取り早いのは、確認サイトでIPv6プラスを利用できているかを調べる方法です。

確認サイトにアクセスすると、現在IPv6プラスでインターネットに接続できているかを確認できます。

IPv6プラスで接続しているかを確認できるサイトを表にまとめたので、参考にしてください。

サイトURL
あなたのIPv6をテストしましょうhttps://test-ipv6.com/index.html.ja_JP
GMOとくとくBBhttp://v6v4.net
OCN接続環境確認https://v6test.ocn.ne.jp
So-net IPv6通信速度測定http://www.so-net.ne.jp/support/mbr/catalog/ipv6/speedcheck.html
オープンサーキット接続チェックページhttp://chk.open-circuit.ne.jp

パソコンの設定画面で確認する

IPv6プラスでインターネットに接続しているかは、利用しているパソコンの設定画面でも確認できます。

WindowsとMacのどちらを利用しているかで、確認方法は異なります。

WindowsとMacでのIPv6プラスの接続確認方法を解説します。

Windowsを利用している場合

Windowsのパソコンでは、以下の手順でIPv6プラスで接続しているかを確認できます。

  1. 画面左下のWindowsマークを右クリック
  2. 設定』をクリック
  3. ネットワーク接続』をクリック
  4. アダプターのオプションを変更する』をクリック
  5. 有効になっているネットワーク名を右クリック
  6. 状態』をクリック

以上の手順を行って『IPv6接続』の項目で『インターネット』と表示されいれば、IPv6プラスでの接続ができています。

IPv6接続』の項目で『ネットワークアクセスなし』と表示されていると、IPv6プラスでの接続はできていません。

Macを利用している場合

Macのパソコンでは、以下の手順でIPv6プラスで接続しているかを確認できます。

  1. アップルメニューをクリック
  2. システム環境設定』をクリック
  3. ネットワーク』をクリック
  4. 有効になっているネットワークをクリック

以上の手順を試して画面にIPv6のアドレスが表示されたら、IPv6プラスでの接続ができている状態です。

画面にIPv6アドレスが表示されないのであれば、IPv6プラスでの接続はできていません。

光回線ならIPv6プラス対応プロバイダを選ぼう!

ここでは光回線のIPv6プラスについて解説しました。

IPv6プラスは、IPv4でのIPアドレス不足を解消するために展開がはじまった機能です。

しかし、IPoE方式での通信して、常に速度が安定させられるメリットもあります。

通信速度を速くしたい人は、IPv6プラスの利用を検討してみるといいでしょう。

IPv6プラスにもデメリットはあり、対応事業者や対応ルーター用意が必須で、固定IPなどが使えないところがネックです。

とはいえ、今はIPv6プラスの対応プロバイダや無線LANルーターは増えています。

固定IPなどの機能は、別途プロバイダを契約すれば利用できます。

ネットサーフィンやSNSの利用がメインなら固定IPなどの機能は使わないので、さほど不満には感じません。