光回線の違約金

eo光の違約金は複雑!?完全無料で解約する方法や注意すべきポイントを徹底解説

「eo光の違約金っていくら!?」
「料金が複雑でわかりにくい…」

eo光の違約金は、契約形態や時期によって変わります。

  • 2018年4月1日までにeo光を申し込み:最大31,574円
  • 2018年4月2日以降にeo光を申し込み:最大13,200円

工事費は毎月割引されていますが、割引が終わる前に解約すると違約金に加え工事費残債が発生する場合も。

eo光を完全無料で解約するなら、以下の方法がおすすめです。

  • 30ヶ月目以降にeo光を解約
  • 違約金などの解約費用を補償してくれる他社光回線に乗り換える

当記事ではeo光の違約金を始め、かかる解約費用や手続きの流れなど解約に関する疑問を詳しく解説します。

eo光の違約金が気になる方はもちろん、乗り換え時期に悩んでいる方は是非当記事を参考にしてくださいね。

eo光の評判が気になる方はこちら

eo光の違約金は最大31,574円

eo光の違約金は最大31,574円eo光の違約金を知りたいなら問い合わせるのが一番!

eo光の違約金は契約形態や期間によって異なりますが、最大で31,574円かかります。

eo光は最低利用期間が設けられており、その期間内に解約すると違約金が発生するというシステムです。

eo光を解約する際に考えられるケースは以下の通りです。

  • ホーム・メゾンタイプを1年以内に解約
  • ホーム・メゾンタイプを2年以内に解約
  • ホーム・メゾンタイプを3年目以降に解約
  • マンションタイプを1年以内に解約

eo光は様々な特典をつけているので人によって契約状況が違い、違約金が非常に複雑になっています。

事前にしっかり確認して、一番安く解約できるタイミングを見つけましょう。

eo光の契約状況を知りたいなら電話やチャットがおすすめ!

eo光の違約金は人によって違うので、複雑と感じる方も多いです。

一番手っ取り早く知りたいなら、eo光に直接聞いてみるのがおすすめです。

事前に手元にeo光の登録証を用意しておくと、スムーズにやり取りすることができますよ。

チャットで問い合わせれば、やり取りの内容をスクリーンショットなどで残せるので便利です。

【ホーム・メゾンタイプ】1年目以内の違約金

eo光は即割、長割などの割引特典がありますが、割引特典を一切利用しない場合は最低利用期間が1年間です。

  • eo光の最低利用期間(即割・長割未加入):1年間

申し込んだ時期によって違約金が変わるので、いつ契約したかを確認しておきましょう。

2018年4月1日までにeo光を申し込み29,700円
2018年4月2日までにeo光を申し込み13,200円

2018年4月以前にeo光を申し込んだ方は、違約金が30,000円近くあるので注意してくださいね。

最低利用期間が1年間なので、1年以上を利用していると違約金は発生しません。

ただし、即割といった割引特典に加入している場合は1年以上でも違約金が発生する場合があるので必ず確認しておきましょう。

【ホーム・メゾンタイプ】2年目以内の違約金

eo光を2年目以内に解約する場合、即割に加入しているかどうかで違約金の有無が決まります。

  • 即割:最低利用期間が2年間。その代わり24ヶ月目まで利用料金が割引される

即割は、2年eo光を利用する代わりに24ヶ月目まで利用料金が割引になるシステムです。

即割に加入している場合、例え1年以上利用したとしても即割の期間内なら違約金が発生するので注意してくださいね。

2018年4月1日までにeo光を申し込み1年未満:31,574円
1年以上2年未満:15,470円
2年以上:なし
2018年4月2日までにeo光を申し込み1年未満:13,200円
1年以上2年未満:6,600円
2年以上:なし

即割はeo光を申し込む時に加入できるシステムなので、もしかしたら知らない内に即割に加入している可能性もあります。

マイページから確認することができるので、必ず事前に契約状況を見ておいてくださいね。

【ホーム・メゾンタイプ】3年目以降の違約金

eo光では3年以上利用している方向けに長割という割引特典を用意しています。

  • 長割:eo光利用開始から3年目以降、さらに3年間の継続利用で利用料金が割引される

長割はeo光を3年以上利用した方のみ申し込むことができ、長割加入から3年ごとに自動更新されます。

長割の適用期間中にeo光を解約すると、違約金が発生するので注意してくださいね。

eo光利用開始から3,6,9年目以降6,223円
eo光利用開始から4,7,10年目以降4,149円
eo光利用開始から5,8,11年目以降2,074円

また、長割だけを解約したい場合も違約金が発生します。

最低利用期間満了月から翌月末までの2ヶ月間は更新月なので、違約金がかかることはありませんよ。

【マンションタイプ】1年以内の解約で違約金が発生

eo光のマンションタイプは最低利用期間が1年間あります。

即割、長割といった特典は適用外なので、1年以上eo光を利用すれば違約金は発生しません。

  • eo光マンションタイプの最低利用期間:1年間

1年以内にeo光を解約した場合、「通常時の初期費用」と「申込時に適用されたキャンペーン適用時の初期費用」の差額が違約金として請求されます。

マンションタイプはモデムを購入するかレンタルするかで初期費用が変わるので、人によって請求される違約金は変動します。

  • モデム買取プラン:17,914円
  • モデムレンタルプラン:8,800円

マンションタイプの違約金は人によってバラバラなので、eo光に問い合わせるのが確実ですよ。

ちなみにeo光電話を利用している方は、ネットサービスだけ解約してeo光電話は継続して利用する場合は違約金が発生しません。

eo光の撤去工事費は11,000円

eo光の設備を撤去するのは有料となっており、別途撤去工事費用が発生します。

モデムの回収のみなら無料ですが、引込線を撤去する場合は11,000円かかります。

  • eo光の撤去工事費用:11,000円

撤去工事は任意なので、設備をそのままにできるなら出来るだけ残した方が余分な費用もかかりません。

ただ、賃貸物件では大家さんや管理会社から原状回復を求められるケースも多いです。

eo光を解約する際は、念の為撤去工事を行うパターンも視野に入れておきましょう。

eo光を解約する時の注意点

eo光を解約する時の注意点解約前に要チェック!

eo光を解約する際は、以下の点に注意してくださいね。

  • 30ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生
  • 電話番号やメールアドレスが利用不可になる可能性がある
  • auスマートバリューなどの割引特典が終了

auスマートバリューが適用だった方は、eo光を解約後スマホ料金が高額になる可能性もあるので注意が必要です。

それぞれ詳しく解説していきますよ。

30ヶ月以内に解約すると工事費の残債が発生

eo光ホーム・メゾンタイプの工事費は29,700円かかります。

ですが、利用開始の2ヶ月目から31ヶ月目までの計30回に分けて割引することで実質無料となっています。

  • eo光の工事費29,700円:開通2ヶ月目~31ヶ月目まで毎月990円割引

eo光の最低利用期間は1年間、即割適用時は2年間ですが更新月に解約しても工事費の残債が発生します。

  • eo光を1年目に解約:工事費残債17,820円発生
  • eo光を2年目に解約:工事費残債5,940円発生

eo光の工事費が完全に相殺されるのは2年6ヶ月目なので、2年以上継続利用する必要があります。

長割を申し込むと更新月が3年後に伸びるので、完全無料に解約できるのは5年目になってしまいます。

完全無料でeo光を解約したい場合は、工事費の残債もチェックしてくださいね。

電話番号やメールアドレスが消失する可能性がある

eo光を解約すると、メールアドレスや電話番号が同時に消失します。

ただし、電話番号に関してはNTTで発行したものだったら手続きを踏むことで引き続き同じ番号で利用することができます。

eo光で発番した電話番号は引き継ぐことができないので注意してくださいね。

  • 電話番号が引き続き利用可能:元々NTTで発番した電話番号、または乗り換え先が光コラボ回線
  • 電話番号が利用できなくなる:乗り換えずにそのまま解約、または光コラボ以外の回線の乗り換え

NTTで発番した電話番号で、eo光解約後も引き続き利用する場合は「アナログ戻し」という手順を踏んで手続きしてくださいね。

メールアドレスの場合は、eo光解約後も残すことはできません。

もし、eo光のメールアドレスを利用したサービスがあるなら解約前に別のアドレスに変更しておきましょう。

最近ではYahooメールアドレスやGmailといった無料のフリーメールアドレスが普及しているので、利用するのがおすすめですよ。

auスマートバリューなどの割引特典は終了

eo光を解約すると、auスマートバリューといった割引特典は終了します。

  • auスマートバリュー:auのスマホが永年毎月最大1,100円割引

auスマートバリューは家族で利用すればするほど割引額が大きくなりますが、その分解約した後の反動も大きいです。

eo光を解約したあとにスマホ料金が高額になっている可能性があるので注意してくださいね。

eo光の解約方法は電話のみ!

eo光の解約方法は電話のみ!ネットからでは受け付けていないので要注意!

eo光を解約する方法は「電話」のみとなっています。

  • eo光の解約方法:電話のみ

ネットからでは申込みができないので注意してくださいね。

eo光は解約月の日割り計算ができるので、解約するならできるだけ早めに済ませた方がお得ですよ。

ステップ1|サポートダイヤルで解約手続きを申し込む

eo光を解約する際は、まずサポートダイヤルに解約の旨を伝えます。

  • 固定電話、携帯電話から:0120-919-151(通話料無料)
  • 上記以外の電話:050-7105-6333(通話料有料)
  • 受付時間:9時~21時(年中無休)

申し込む前に登録証を手元に用意しておくと、スムーズに手続きを進めることができます。

撤去工事を頼む際は、申し込み時に希望日を伝えておくとスムーズです。

サポートセンターの電話は混み合うことが多く、全く繋がらないことも少なくありません。

時間やスケジュールに余裕をもって申し込んでくださいね。

ステップ2|撤去工事をする際は希望日を決める

サポートダイヤルで解約手続きの申し込みを済ませると、eo光の運営元であるオプテージから撤去工事日の連絡がかかってきます。

折返しの電話で工事日の調整や決定を行いますが、時期にとっては希望通りにならず工事が長引く可能性もあります。

特に、引っ越しを考えている方は、日程に余裕を持った希望日を出すようにしてくださいね。

ステップ3|撤去工事を行う

申し込み後、希望者は工事日になると業者の方が自宅に来て撤去工事を行います。

1時間程度の工事ですが、立会人が必要なので工事日は空けるようにしておきましょう。

撤去工事をすると、モデムといったレンタル機器は業者の方が回収するので個別に返却の用意は不要です。

ステップ4|レンタル機器を返却する

撤去工事をしない場合、ご自身でレンタル機器を返却する必要があります。

返却する機器はモデムやeo光多機能ルーターなど、人によって様々です。

どれを返せばいいかわからない!」という方は、eo光に問い合わせるのがおすすめです。

  • 固定電話、携帯電話から:0120-919-151(通話料無料)
  • 上記以外の電話:050-7105-6333(通話料有料)
  • 受付時間:9時~21時(年中無休)

返却しなかったり、破損した状態で返却すると別途違約金や修理代金を請求されるので、できるだけ迅速に返却の準備をするようにしましょう。

レンタル機器の梱包は以下の手順を参考にしてくださいね。

  1. 機器が入っていた箱や自宅のダンボール箱に返却機器を入れる
  2. 緩衝材などを詰めて、機器が破損しないようにしっかり梱包する
  3. 発送元の窓口を決めて、「元払い」の送り状を記載する
  4. 梱包した箱に送り状を貼り付け、発送依頼をして完了

注意点として、元払いの送り状じゃないと返却手続きを済ませることができません。

送料は申込者負担になるので、必ず元払いの送り状で作成してくださいね。

発送先の住所は以下の通りです。

eo光レンタル機器返却先〒552-0013
大阪府大阪市港区福崎2丁目3-29
ヤマト運輸(株) 返却係
電話番号:0120-919-151

レンタル機器の返却が完了すると、eo光の解約手続きが完了します。

引っ越し先でもeo光を使うと工事費が無料!

引っ越し先でもeo光を使うと工事費が無料!引っ越し特典を使えばお得にeo光が利用できる!

引っ越し先でもeo光を使いたい!」という方は、解約手続きではなく引っ越し特典を利用しましょう。

eo光の引っ越し特典を利用して手続きすれば、以下の特典でお得に利用することができます。

  • 月額基本料金最大3ヶ月無料
  • 引越し先の工事費無料
  • 引越し先でのインターネット初期設定サポートが無料

頭を悩ませがちな工事費ですが、これが丸々無料になるのはとても有り難いですね。

もちろん、引越し後もメールアドレスや電話オプションなどを引き続き利用することができます。

eo光の引越し特典は「電話」か「ネット」から申し込むことが可能です。

  • 固定電話、携帯電話から:0120-919-151(通話料無料)
  • 上記以外の電話から:050-7105-6333(通話料有料)
  • eo光公式ページ

引越し特典を利用する際は、通常の解約手続きで進めると特典を受けられないので注意してくださいね。

eo光を完全無料で解約する方法は2通り

eo光を完全無料で解約する方法は2通りあなたに合った方法で手続きを進めよう

eo光を完全無料で解約するには、以下の2通りの方法があります。

  • 30ヶ月目以降にeo光を解約する
  • 違約金や工事費をカバーしてもらえる他社光回線に乗り換える

それぞれ詳しく解説しますよ。

30ヶ月目以降にeo光を解約する

eo光の工事費は30ヶ月目に完全相殺されるので、そのタイミングで解約すれば完全無料でeo光を解約することができます。

eo光は最低利用期間が設定されているので、規定の期間を過ぎればいつ解約しても違約金はかかりません。

ただし、工事費は30ヶ月目まで割引が続いているので、仮に最低利用期間を過ぎていても工事費残債を一括請求される可能性があります。

30ヶ月目以降なら即割加入でも最低利用期間はクリアしているので、完全無料で解約することができますよ。

  • eo光の最低利用期間:即割未加入で1年(12ヶ月)、即割加入で2年(24ヶ月)
  • 工事費残債:30ヶ月目に完全相殺される

ただし、3年目以降利用していて長割が適用されている場合は、違約金が発生する場合もあります。

長割を利用している場合は、eo光利用開始から5年経たないと違約金が無料にならないので、解約タイミングはかなり後になります。

5年も待つなんてできない!」という方は、解約費用を補償してもらえる他社光回線に乗り換えるのがお得です。

解約費用を補償してもらえる他社光回線に乗り換える

光回線の中には、乗り換え時の解約費用を補償するキャンペーンを開催しているところも多くあります。

キャンペーンを利用して他社光回線に乗り換えれば、違約金や工事費を気にすることなくeo光を解約できますよ。

eo光から乗り換えるなら、auひかりやビッグローブ光がおすすめです。

  • auひかり:最大50,000円キャッシュバック
  • ビッグローブ光:高額キャッシュバック+無線ルータープレゼント

どちらの光回線もキャッシュバックキャンペーンを開催しており、eo光の解約費用を補償することができますよ。

また、auスマートバリューを引き続き利用できるのでauユーザーにはおすすめの光回線です。

評判や料金など気になった方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

ただし、関西で戸建てに住んでいる方はauひかりを利用できないので注意してくださいね。

eo光の違約金まとめ

当記事ではeo光の違約金について解説しました。

eo光の違約金は最大31,574円ですが、契約形態や状況によって請求される費用は変わってきます。

料金が複雑なので、事前にサポートダイヤルやチャットなどでeo光に問い合わせてみるのが確実ですよ。

2年以内に解約すると工事費の残債が発生するので、完全無料で解約するなら工事費が相殺される30ヶ月目に解約するのがおすすめです。

他社光回線によっては、キャンペーンで解約費用を補償してもらえるのでこの機会に乗り換えるのも一つの手ですね。

是非当記事を参考にして、eo光の解約手続きをスムーズに済ませてくださいね。

» 比較してわかったおすすめの光回線はこちら